プット型eワラント

プット型eワラントとは、対象原資産を「売る権利」を取引する投資方法のこと。満期日までに対象原資産の価格が下落したとき、利益を得ることができます。

将来価格が下がると予想するプット型eワラント

プット型eワラント

株価(対象原資産)が上昇すると予想

eワラントは、対象原資産が将来上がる場合も、下がる場合も利益を追求できるのが特徴のひとつとなっています。プット型eワラントは、将来価格が下がると予想して行う取引です。
取引期限ともなる満期日が設定されていて、その満期日までに権利行使価格を下回らなかった場合は、eワラントの価値が0となり、元本はすべて失うことになります。 これではリスクも大きいですし、満期日に近づくほど価値が下がってしまうことが多いので、満期日までに取引を完了させるのが一般的です。

プット型eワラントの利益について

プット型eワラントの利益

対象原資産の価格が、20日間で100,000円から80,000円に値下がりしたとします。このときの値下がり率は、20%です。一方、この対象原資産を対象としたeワラントの商品「B株式会社 プット 5回」を同じ期間で取引した場合、1ワラントあたり100円から70円。値上がり率は30%。1000ワラント(最低取引単位)で取引を行ったとすると、100,000円-70,000円=30,000円の利益を得たことになります。
商品名の後ろにある「○回」というのは、回号と呼ばれ、発行順に数が付けられていきます。ひとつ気をつけたいのは、満期日に近い商品を買った場合、時間の経過によってグンと価値が下がってしまうことがあるということ。対象原資産の価値が変わらなくても、大きな値動きを見せることがあります。同じ商品でも満期日の違いなどによって回号が異なるので、満期日がいつかきちんとチェックして取引するようにしましょう。

ページトップへ