価格の決定要素について

基本的には対象原資産の価格と連動するeワラント。しかしeワラント独自の価格決定要素も存在します。ここでは、どんなことが価格の動きに影響してくるのか見ていきましょう。

eワラントは時間的価値と本源的価値で決まる

ある銘柄の時間的価値がどのように減少していくか、まずは表をご覧ください。
eワラントの価値は一般的に、時間が経つにつれて減少していきます。

【想定】

  • 権利行使価格:1,200円
  • 本源的価値:800円
  • 対象原資産価格(AB社株式):2,000円
  • 株価が全期間で一定と想定
時間的価値と本源的価値
時間的価値は減少していく
将来、対象原資産の価値が上がるという期待感が、時間的価値となります。時間的価値は、満期日までの時間が短くなるにつれて低くなります。対象原資産の価格が変わらず、本源的価値がずっと同じだとしても、時間的価値だけは下がり続けます。
表を見てもわかるかと思いますが、減少の度合いは満期日が近づくにつれて大きくなることが多いので注意しましょう。
本源的価値とは?
eワラントそのものに価値がある状態というのは、権利行使価格が対象原資産の価格を上回っているときです。たとえばある株式の株価が現在10,000円だとして、その株式を対象としたeワラントのコール型の価格が、9,000円だったとします。実際には10,000円のものが9,000円で買えるということなのですから、eワラントには価値があるわけです。
このとき、 逆に権利行使価格が対象原資産の価格を下回っていると(コール型の場合)、eワラントの本源的価値はゼロであるといえます。
その他の要因
時間的価値、本源的価値のほか、ボラティリティも価格を決める要素になります。ボラティリティとは変動率のことです。ボラティリティが高いほど価格変動の度合いが高く、ボラティリティが低いほど価格変動の度合いが低くなります。
変動率が高い方が将来の価格が不確実であるため、時間的価値は、このボラティリティが高いほど高くなる傾向にあります。

ページトップへ